情報商材を作る方法
 




  デザインマーケティング実践会 桑島 隆二 と申します。


  はこれまで10年以上ものあいだ、

  ずっと自分で情報商材を作って販売し、収入を得てきました。

  その昔、私は司法書士として事務所を構えて運営していました。

  しかし、お客といちいち面談して1件3万円の仕事なんて、心の底ではバカバカしいと思っていました。

  お客にやり方を教えてあげるから、お客が自分でやればいいのに。

  そこで、従業員のために作った作業マニュアルをお客に渡して、自分でやってもらうことにしました。


  お客さん、あっけなく自分でできました・・・。

  考えてみたら時給850円のバイト従業員が、作業マニュアル読んだら自分でできるのです。

  お客さんが自分でできてしまうのも、不思議ではないと思えるようになりました。


  そうだ!このマニュアルを全国にネットで売ればいいんだ。

  そうすれば、自分は何もしなくても、お金は全自動で稼げる!




  こんなひらめきがキッカケで、私は情報商材を作って販売することを始めました。

  紙に印刷したマニュアルを、アルバイトがヤマト代引きを手配して発送していたのです。

  すごく、儲かりました。

  こんなことを考えて実行した法律専門家は、日本に一人としていませんでした。

  一人勝ちとは、まさにこういう状態を言うのだと実感しました。

  その当時、まだインフォトップという会社やASPがほとんど存在しなかったころの話しです。

  結局、情報商材のほうが儲かるので、とうとう司法書士をやめてしまいました。




  アフィリエイトをがんばっているけど、なかなか成果が出ない、という人はよくいます

  そんな人に対して私が


  「アフィリエイターは387万も人いて、宝くじで1億円が当たる確率は143万分の1ですよ。」


  という話しをすると、必ず全員、目を丸くして絶句します。

  でも、考えてみてください。

  アフィリエイトで年1億円以上稼ぐ人は、2,3人しかいません。

  387万人のうち、年1億円以上稼げるのは、たった2,3人・・・。

  宝くじを買った方が、楽して1億円を稼げるかもしれません。

  もちろん387万人の全員が、熱心にアフィリエイトをしているわけではないでしょう。

  アフィリ登録をしただけ、アフィリリンクを発行しただけ、という人も含まれているでしょう。

  ただ、このデータからお伝えしたいのは、


  アフィリエイトで稼げないのは、あなたに実力がないからじゃない


  ということなのです。

  387万人もいれば、天才とはいえなくても優秀で実力のある天才肌の人が、必ず一定割合まざってしまうのです。

  全部で387万人もいて、天才肌の人も多数いて、こんな中の競争を勝ち抜いて年収1000万円になるなんて、誰がやっても難しいに決まっています。

  アフィリエイトで年収1000万円なんて、東大に合格するより難しい可能性もあるのです。

  ここまで人数が多くて競争が激しいと、もう努力とか勉強とかいうレベルの話しではありません。

  しかしアフィリエイトで稼げないという人は、自分がとてつもなく大変な世界に挑戦しているという自覚がありません。

  だから、いつまでたってもアフィリエイトで稼げないのです。




  この世には「真逆が大正解」という法則があります。

  うまくいかなくて壁にぶちあたっているときは、まったく正反対のことをすると、突然に道が開けます。

  この世はいつも「少ない方が大正解」「他の人と正反対が大正解」なのです。

  他の人と同じことをしていては稼げない、という話しは飽きるほど聞いたはずです。

  それなのに、387万人と同じことをするんですか?

  だから独自のアフィリエイト手法を勉強して・・・、とやって稼ぐことはできるのは、一部の天才肌の人だけです。

  もっと根本から「真逆とはなにか」「正反対とはなにか」を考えてほしいのです。

  いいですか。

  アフィリエイターが387万人もいるんですよ。


  387万人もいるのだから、自分の商品を紹介してくれる人は山のようにいる


  という真逆の発想をしてください。

  商品を紹介してくれるアフィリエイターが異常に多いのですから、販売に苦労するはずがないのです。

  アフィリエイターが、こんなにも増えてしまった時代になったのです。

  今は圧倒的に、情報商材を作る側の人間が有利なのです。

  アフィリエイターが楽に稼げた時代、アフィリエイターの人数に比べて、情報商材を作る側の人間のほうが多かったのです。

  だから販売ルートを持たない情報商材は、他の情報商材を押しのけて、数の少ないアフィリエイターに販売を頼らなければいけませんでした。

  しかし今は、情報商材を作成する人よりも、アフィリエイターのほうが圧倒的に人数が多いのです。

  どんな情報商材でも、すぐにたくさんのアフィリエイターついてくれて、発売と同時にどんどん紹介してくれるのです。

  時代は、変わったのです。


  大量のアフィリエイターのおかげで、情報商材の販売に苦労することがなくなったのです。


  私の作成した「ノーワーク・アドセンス」という情報商材も発売したその日に、ブログで大量に紹介されていました。

  メルマガも販売リストも何も持っていないのに、インフォトップに登録した瞬間から、売れていったのです。

  3日後には、もうPPCアフィリエイトで紹介されていました。

  あっけにとられぐらい、すさまじい勢いでネット上に紹介されていくのです。

  優秀なアフィリエイターさんには、本当に心から感謝しています。

  情報商材を作る側の人間にとって、こんなにありがたい話しはありません。

  情報商材の販売は大量アフィリエイターのおかげで、こんなにも楽になったのです。

  情報商材を作ったら、あとはいっさいな何もしないのに、自動で売れ続けて通帳にお金が振り込まれるのような感じなのです。

  そもそも多くの人は、アフィリエイトで不労所得を目指したはずです。

  しかし現実には、不労所得を目指すアフィリエイターがあまりにも増えすぎたため、情報商材を作っている側の人間が不労所得を得るようになってしまったのです。

  不労所得を目指したはずのアフィリエイターが、作業ばかりしても稼げなくて、不労所得は実現できない。

  アフィリエイターにネタを提供する情報商材を作る側の人間は、作ったあとは何もせず、ずっとほったらかしで不労所得を実現している。

  こんなとんでもない逆転現象が自分の目の前で起きているというのに、多くの人がまったく気がついていない。

  こういう「真逆が大正解」という法則にしたがって世界を見てないから、いつまでたってもネットビジネスの世界で成功できないのです。





  そうはいっても、情報商材を自分で作るということに対して、尻込みする人も多いでしょう。

  情報商材の作り方、そもそも何のテーマの情報商材を作ったらいいかわからない、と思うはずです。

  ところがこれも、時代の進化によって、状況が大きく変わりました。

  グーグル検索エンジンはすさまじい進歩をとげたので、検索エンジンでわからないことなど、ほとんどなくなりました。

  グーグルで調べることを人にすすめるときに「グーグル先生に聞けば?」と言うようになりました。

  それぐらい、グーグル検索エンジンの知識情報は、とてつもなく進歩したのです。

  わからないことは何でもグーグル先生に聞く、そんなことが当たり前の時代になりました。

  ところがそんな時代になっても「教えてgoo」「Yahoo!知恵袋」には、今でも毎日たくさんの書き込みがあります。

  実は、グーグル先生が劇的に進歩したからこそ、教えてgooの書き込みは宝の山なのです。


  「教えてgoo」への書き込みは、グーグル先生でもわからなかったという証拠なのです。


  検索キーワードを入力するより、教えてgooへの書き込みは、はるかに面倒なのです。

  しかし、わざわざ面倒な手間をかけて書き込んででも、どうしても解決したい悩みがあるのです。

  グーグル先生が劇的に進歩したからこそ、教えてgooの悩みは、切実で本当に苦しい悩みなのです。

  その悩みを解決してくれる方法があるなら、わらにすがってでも、お金を払ってでも何とかしたいと思っています。

  だから、教えてgooから情報商材のネタを引っ張ると、外れないのです。

  人は快楽を得るよりも、苦痛を取り除くことのほうに素早く行動し、すぐにお金を払って解決しようとします。

  悩み、苦しみをテーマにしたほうが、情報商材は売れやすいのです。

  情報商材で年1億円稼ぐ大金もちになろうとするなら、教えてgooだけでは力不足です。

  しかし手堅く長く続けられる情報商材なら、教えてgooで十分です。

  私は情報商材を今もたくさん販売して売れていますが、ほとんどのテーマを教えてgooから見つけてきました。


  教えてgooから見つけたテーマは、それぐらい「はずれ」が少ないのです。


  「当たり」か「大当たり」だらけなのが、教えてgooなのです。

  なぜならグーグル先生でも解決できず、わざわざ面倒な書き込みをするのですから、どうしても解決したい悩みなのです。

  「本当につらく苦しいので、お金を払ってでも解決したい」と書いてあるのと同じ事なのです。

  だから、外れようがないのです。

  それもこれもすべて、グーグル先生が劇的に進歩してくれたおかげなのです。

  グーグルが先生と呼べるほど進歩していない時代、教えてgooには悩みの浅い質問がたくさん書き込まれていました。

  だから、お金になる悩みを選別するのが、けっこう難しかったのです。

  しかしグーグル先生が劇的に進歩したおかげで、教えてgooの悩みは選別され、純化されました。

  つまり教えてgooは、お金にかわるすばらしい悩みの宝庫、に生まれ変わったのです。



  しかし、教えてgooを適当に眺めていても、必要とされる情報商材のテーマを発見することはできません。

  適当な閲覧でテーマが見つかれば、誰も苦労などしないのです。

  教えてgooを活用して必要とされるテーマを見つけるには、正しい調査手順を知って、実行する必要があります。


  でも、そのような手順を知らないから、長く続く悩みのテーマを見つけることができないのです。


  情報商材が必要とされるかどうかは、テーマ選定がすべてなのです。

  どんなにレターや広告宣伝がうまくても、テーマが外れたら絶対に売れません。

  繰り返します。

  テーマが外れたら、他の部分がどんなにすばらしくても、絶対に売れません。

  だから教えてgooを使ったテーマ選定調査手順は、このマニュアルでもっとも大切な部分と言えます。




  教えてgooを使って必要とされる悩みは見つけられたけど、お客の悩みを解決できる答えがわかりません、という人がいます。

  このとき、お客と完全に一体となってお客の悩みを解決しようとしても、見つかるはずがありません。

  「上司からひどいパワハラを受けて悩んでいる。でも生活があるので会社をやめられない。」という悩みがあったとします。

  この悩みを直接に解決してあげようとしても、絶対に答えは見つかりません。

  その上司を見たこともないし、パワハラの程度もわからないし、書き込んだ男性の性格もわかりません。

  そこで、悩みから条件を外して抽象化します。


  抽象化というと難しいですが、まず上司とパワハラ、という条件を外してしまうのです。


  すると「誰かから罵声を浴びているが、逃げられないので苦しい」というように、変化させることができます。

  これはつまり「嫌いな人間関係の悩みを解決するにはどうしたらよいか」ということと、まったく同じ事なのです。

  ここまで悩みを一般化すると、あとは宗教と哲学にすべての答えがあります。

  今は一般向けに、宗教や哲学を優しく解説した本や、漫画などがたくさんあります。

  そして今度は、悩みに条件を付けなおして、具体的行動を指図してあげるのです。

  パワハラを受けたら、自分の脳内でどのように受け止めるのか、思考方法の論理を教えます。

  そして上司には毎日「○○と言いましょう。」と具体的行動を指示してあげるのです。

  悩みの答えの導き方は、ここだけで説明しきるのは難しいので、マニュアルと音声データで、分量と時間をかけて詳しく解説しています。

  人間関係や成功哲学をテーマにした高額セミナーはたくさんありますが、その内容は一般向けに宗教や哲学を優しく解説した本10冊分ぐらいだったりします。

  ただ多くの人は、一般向けに宗教や哲学を優しく解説した本10冊分の知識がないので、とても感心してくれます。


  昔からある宗教や哲学の教えは、すばらしいに決まっているからです。


  宗教や哲学の教えは、悩んでない人にとっては、余計なおせっかいのように感じます。

  しかし真剣に悩んで苦しむ人にとっては、心から感激してありがたいと思ってくれるのです。

  このような思想や考えを、個別事情に合わせてアレンジして、情報商材に反映させればいいのです。

  一番大切なことは、お客の心を救ってあげることです。

  そんな気持ちで悩みの答えを導いてあげれば、お客は心から満足してくれます。

  情報商材を作成して一番うれしいことは、お客から「本当に救われました。買って良かったです。」とメールをもらったときです。

  ここまでお客を喜ばせる情報商材は、正しい手順を踏めば、きちんと作成することができるのです。




  情報商材は作ることができても、セールスレターがうまく書けなければ、情報商材は売れません。

  情報商材にとってセールスレターの大切さは、誰でも知っているでしょう。

  そして「レターがうまくかけない」「レターに自信がない」という相談をよく受けます。

  そんな人に対して私が


  「そもそも、売れるレターの基本パターンを知っていますか?」


  と聞くと、みなさん「えっ? 売れるパターンですか。」と答えます。

  いいですか。


  セールスレターに自信のある人は、過去に商品が売れた実績をもとに、新商品を売れたパターンにあてまめているだけなのです。


  いや、そんなことを言われても、ランディングページも含めて自分に売れた実績なんてないから、基本パターンなんて知っているわけがない、と思うでしょう。

  だから、普通に売れている商品のセールスレターをパターンにはめて、たんたんと書いている人からパターンを学べばいいだけなのです。


  @自分の問題を解決している方法がどこにもなくて、困って真剣に悩んでいるパターンの場合
  A困っているというより、うまく稼げなくてあきらめかけている人へのパターンの場合
  B画期的な新しい手法で、聞いているだけで楽しくなってしまうようなパターンの場合


  セールスレターは、上記の3パターンのどれかに当てはめて、書けばいいだけです。

  そしてパターンによって、本文の書き出しなんてすべて決まっていますから、悩むことなどなにもありません。

  ちなみにこのセールスレターは、Aパターンによって書かれています。

  私が他に発売している情報商材も、すべて上記パターンにあてはめて書いただけです。

  パターンにあてはめて書けば平均的な販売実績になることを知っているから、セールスレターで悩んだことなど一度もありません。

  だから、パターンを知っていれば悩みようがないのです。

  もちろん、このパターンにあてはめて書いたからと言って購入率23%とか、そんなむちゃな数字は絶対に出ません。

  そうではなくて、普通に購入率「0.5%」ぐらいのセールスレターを書く方法がわかる、と言いたいのです。

  購入率が異常に高いセールスレターの方法を学びたいのなら、他の教材で勉強してください。

  だだ、購入率が異常に高い商品やセールスレターは、瞬間的にたくさん売れて、すぐに売れなくなるという特徴があります。

  内容を大げさに表現し、短期間で異常にあおって売るから、すぐにあきられて売れなくなるのでしょう。

  末長くロングセラーとして長く販売されている情報商材のセールスレターの購入率は、飛び抜けて高いことなはく、平均的な数字になっています。

  だから、普通に情報商材を作って平均的な購入率のセールスレターの書き方を知っていれば、他の人より豊かな暮らしができる程度の収入は十分に得られるのです。

  私に言わせればセールスレターなんて、それぐらいの標準的なパターンを知っていさえすれば十分です。

  しかし標準的なパターンをすっ飛ばして、異常に反応率の高いセールスレターを学ぼうとしているから、いつまでセールスレターやランディングページに自信が持てないのです。

  普通の人が知らなければいけないセールスレターの書き方とは、購入率0.5%の基本パターンなのです。

  でも、そんな基本パターンすら知らずにわけのわからない難しい勉強をしているから、いつまでもセールスレターがかけないのです。





  セールスレターの原稿は自分で書くとして、サイトデザインまですべて自分でできる、という人はさすがに少ないかも知れません。

  サイトデザインは、業者に依頼することが多いでしょう。

  このとき、デザインの基礎理論を知らないと、業者のデザインが妥当かどうか、判断ができません。

  商品がすばらしく、レター原稿がよくても、サイトデザインがダメなせいで売れないことはあるのです。

  しかしデザインの基礎知識がないと、レター原稿がダメなのか、レターデザインがダメなのか、判断ができずに困るのです。


  デザインは、論理が8割で、感性が2割です。


  みなさんはデザイナーになるわけではありませんから、2割の感性を磨き上げる必要はありません。

  フォトショップの使い方をマスターする必要もないのです。

  しかし8割の論理は知っておかないと、最低限のデザイン判定ができません。

  つまり8割のデザイン理論を知っていれば、絶対にダメな配列、ジャンプ率、ダメな配色等を業者に指摘することができます。

  世の中には、デザインの基礎がまったくできていない、セールスレターが氾濫しています。

  今はデザインを専門に勉強したことがない人でも、ツール等を使えばそれらしい画像加工はできてしまう時代です。

  だからこそ、確実な最低限のデザイン理論はマスターしなければなりません。

  確実な最低限のデザイン理論を知っているだけでも、業者とのやりとりで失敗することなく、外れないレターデザインを見極めることができます。

  他にも情報商材については販売方法、きめ細かい作成コンセプト、レターのヘッダー構成理論など、たくさんのことを知らなければなりません。

  しかしセミナーで私に会えるのはごく一部の人だけなので、多くの人にこのような知識をお伝えすることはできません。





  そこで私は、これらの完成された理論をより多くの人にお伝えしようと思い、

完全自動収入を解説した情報商材作成マニュアル「バリューメーカー」

  というマニュアルという形にして、次のようにまとめました。




  私と直接お話しできない方に、どうしたら私の伝えたいことを簡単に確実にわかってくれるだろうか?

  そして読んだ方が誰でも簡単に理解できて、今すぐに実行できるだろうか?

  そのため


  「わかりやすさ」

  「すぐに実行できる」



  ことに重点をおいて、全身全霊をこめて全力で書きました。

  ページ数は、PDF形式でA4サイズ197ページにもなりました。

  またこのマニュアルには、特典として次のような3時間半にも及ぶ音声の解説をお付けいたしました。

  音声による解説では、マニュアルに書ききれなかったことを、たくさん話しています。

  音声はセミナーとは別に、購入者の方が目の前にいるつもりで、すべて新規に収録しました。

  音声による解説を聞けば、さらにわかりやすく、情報商材の作成方法がわかります。

  このマニュアルと音声による解説を、合わせて利用してください。

  音声データは、学習しやすいようにテーマごとに30分以内を目安に区切ってお話しました。

  これにより、私のセミナー5時間分を直接受けているのと、同じ体験ができます。

  ※音声データは、購入者様アドレスにメールでご案内いたします。







  実際にこのマニュアルを利用したり、私のセミナーを受けた方から、次のような感想をいただきました。







  『いろいろ、書いてるけど、このマニュアルのメリットはなんなの?』

  そうですね、いろいろありますが一言で言えば、長く販売できる情報商材の作り方がわかるという事です。

  単発でどかっと売れて、すぐに消えて無くなる情報商材は、山のようにあります。

  しかし私は、そのような情報商材が大嫌いです。

  ずっと安定して販売が続くから、インフォトップから毎月きちんと入金があり、生活が安定するのです。

  安定した収入があるから、税金の支払いも安定し、心も穏やかに豊かに暮らせます。

  単発でどかっとたくさん稼いでも、将来の生活不安が消えることはありません。

  もっとも大切なことは、安定して収入があり続けること。

  一発屋をこの世に大量生産したいなどとは、これっぽっちも思っていません。


  「1度作ったら、長く販売を続けられる情報商材」


  の作り方を多くの人に知ってもらい、末永く安定して暮らして欲しいのです。

  長く販売できる情報商材は、不労所得のように、何もしなくても毎月入金があります。

  しかも提供している情報は、困っているお客から本当に感謝されるから、社会の役に立つ。

  こんなすばらしい仕組みを理解して、情報商材を作ることができるのが、このマニュアルの神髄です。

  もちろん、このマニュアルのメリットはこれだけではありません。

  まとめると次のようになります。





  次に、このマニュアルの値段についてお話しましょう。

  これまで、様々なアフィリエイトを実践されてきたことと思います。

  ブログをいっぱい書いたり、メルマガ書いたり、PPCに挑戦したり。

  教材をいくつも買って勉強し、セミナーにも参加されたでしょう。

  それでも、ほとんどの人がアフィリエイトでは稼げない。

  それは、アフィリエイターの人数が多すぎるから、それだけの理由です。

  くれぐれも、アフィリエイトを勉強している人の努力不足ではありません。

  これまで、どれほどのお金と時間を使って勉強してきたのでしょう。

  人生は、時間でできています。

  自分の人生の時間を、社会の役に立つことに使ってください。

  そのためには「真逆が大正解」にしたがって、インフォプレナーになるのです。

  自分の立ち位置を、思い切って180度変えてしまってください。

  これまでアフィリエイトを一生懸命に勉強した人なら、きっと情報商材は作れます。

  アフィリエイトがうまくいかなかった人ほど、思いっきり正反対に向かうと、道が開けるのです。

  大変な思いをした人ほど、思い切って正反対に変えたとき、その大変さがプラスとなって爆発的に伸びるのです。

  人に感謝され、長く愛され続ける情報商材を社会に提供する。

  そして社会に必要とされる存在でありながら、不労所得のように収入を得て暮らす。

  そんなライフスタイルを手に入れることができるのが、このマニュアルの価格です。

  私は、社会の約立つ情報商材をきちんと提供したい、という人に買ってもらいたいと思っています。

  このマニュアルですが、すぐに始められるように電子書籍(PDF)をご用意しました。


  • PDFファイル197ページマニュアルです。
  • 特典である音声データは、3時間27分です。
  • このマニュアルは電子書籍(PDF)です。音声データはMP3形式です。
  • お支払いはクレジットカードまたは銀行振込等が利用できます。
  • 電子書籍(PDF)と音声データ(MP3)はご購入後、すぐに読んで聞くことができます。
  • スマートフォンで、PDFファイルを読み、音声を聞くことができます。
  • お値段は¥19,800円です。








  この理論で情報商材を作成すれば、ほったらかしなのに家族を養っていくことも不可能ではありません。

  ただ養うだけでなく、何の不自由もなく、豊かに暮らしていくことも可能なのです。

  私は、何もせずにお金が安定して振り込まれる仕組みが、大好きです。

  短期間で1億円とか、一発屋のような将来の見通しが立たない手法は、好きではありません。

  きちんと社会の役に立ち、それでいて長く安定的にお金が自動で振り込まれる仕組み。

  それが本当に好きなライフスタイルであり、その実現のために研究を重ねてきました。

  いつまで、稼げない状態の時間を過ごせば気が済みますか?


  人数が異常に多い世界では、一部の天才肌しか稼げないということに、気がついてください。


  相対的に人数の少ない世界に移動すれば良いだけ、ということを知らないばっかりに「とてつもない損」をしているのです。

  このマニュアルで、


  「本当に社会の役に立つ、情報商材の作り方」

  「情報商材から、完全不労所得として収入を得る販売方法」



  をきちんと理解して、どうか「損」をしないようにしてください。

  短期的に稼げるような、一発屋の手法ばかりに目を奪われないでください。

  Youtubeで稼ぐ手法はすぐに使えなくなることなど、歴史からわかりきっています。

  また、具体性のない抽象的なビジネス理論を聞いて、稼げない時間を過ごさないでください。。

  抽象的なビジネス理論は、知識としては必要です。

  でも、それだけじゃ、ダメなんです。

  具体的に何か物を作って、社会に提供しなければお金は稼げないし、それは当たり前のことです。

  もともと、他人の商品を紹介するだけの人が一番稼ぐこと自体が、おかしいのです。

  情報商材を自分で作ったからといって、大金持ちになれるとは言いません。

  自分で物を作って社会に提供すれば、適切な収入が得られて、ある程度は豊かに暮らせますよ、ということが言いたいのです。

  ビジネスの自然な摂理に従えば、不自由なく生きられる、という当たり前を実現してほしいのです。

  困っている人を情報商材で助け、助けた人から感謝され、適切な収入を全自動で得る。

  こんなライフスタイルを実現することは、アフィリエイトを勉強した人なら、難しいわけがないのです。

  どうか正しい知識を手に入れて、人に感謝される情報商材の制作を始めてください。

  正しい知識を手に入れて行動した人から順番に、完全自動収入を見込めるのです。







  完全自動収入を解説した情報商材作成マニュアル「バリューメーカー」

  Copyright (C) 情報商材を作る方法, All rights reserved.

HOME |  特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー


最新競馬予想ソフト一覧/最新ダイエットプログラム一覧/おならが臭わない消臭パンツ購入/洗顔石鹸ランキング1位・ブライトニングソープ/モンスターハンター・月下雷鳴のAT確率を大幅にUPさせます/健康診断対策にプロステビア/ゲームで視力回復「アイアップ!」/投手のトレーニング法〜ケガをしない投手になる為の体作りトレーニング〜/借金返済達成*借金返済マニュアル/都心でお墓を探す/小学校受験合格/中学数学勉強法 中学数学完全攻略/英語が聞き取れるようになる